Greentown Weblog


Bryan Ferry If There Is Something by coachella

— 19 hours ago
#IFTTT  #YouTube 

Nas Coachella 2014 by fanglesscyclone

— 1 day ago
#IFTTT  #YouTube 

Beck Coachella 2014 by Lael Mendes

— 1 day ago
#IFTTT  #YouTube 

Fatboy Slim @ Coachella - Full Live by Electro Live

— 1 day ago
#IFTTT  #YouTube 

Behind the scenes on Night on Earth (1991) Winona Ryder as Corky. 

Behind the scenes on Night on Earth (1991) Winona Ryder as Corky. 

(Source: madfuture.com, via ak47)

— 1 day ago with 27624 notes

theacademy:

Alfred Hitchcock was a complicated and brilliant director with a unique sense of humor. Something that he loved doing was making cameos in his films. Here is a small collection of just a few of his uncredited appearances.

— 1 day ago with 766 notes

Pet Shop Boys - Live Coachella 20140412 Full Concert HD by I/O Music

— 2 days ago
#IFTTT  #YouTube 

Eno • Hyde - Daddy’s Car (by Warp Records)

— 4 days ago

stonesthrow:

J Rocc / Japan / 2014

— 4 days ago with 37 notes
theacademy:

Marlon Brando before and after getting his make-up done to be Don Corleone in The Godfather

theacademy:

Marlon Brando before and after getting his make-up done to be Don Corleone in The Godfather

— 1 week ago with 1534 notes
 ハウス・ミュージックのゴッドファーザー、フランキー・ナックルズが3月31日、かねてから煩っていた糖尿病の合併症ためにシカゴで亡くなった。言うまでもなく、今日僕たちがハウス・ミュージックと呼んでいる音楽を大衆化したのは、1955年1月18日にブロンクスで生まれ、1977年にシカゴの〈ウェアハウス〉というクラブのレジデントになったこのDJである。
 僕たちがハウス・ミュージックによってどれだけの幸福を味わったのかということを、どれだけ救われたのかということを、いまさら思い返すまでもない。フランキー・ナックルズの功績はあまりにも大きく、その損失は計り知れないほど大きい。ベッドルーム・ミュージックを最初に大衆化したのはシカゴ・ハウスだった。ロックンロールだってハウスに救われた時代があった。
 フランキー・ナックルズは、音楽のみならず、ゲイ・カルチャーにも素晴らしい影響を与えている。彼は、ハウス・ミュージックはゲイに自信を与えることができた文化だと胸を張るのことのできたDJだった。
 すべてのクラブ・ミュージック・ファンにとってのクラシックであり、多くの人たちを最高の気分で舞い上がらせた“The Whistle Song”(1991年)をはじめ、ジェイミー・プリンシプルとのセクシャルな“Your Love”や“Baby Wants To Ride”(1987年)、富家哲との“Tears”(1989年)などなど、彼が残した多くのクラシックはこの先もクラブでプレイされ続けるだろう。若いリスナーにも受け継がれ、聴かれ続けるだろう。永遠のダンス・ミュージックとして。
 いまはただただ悲しい。ハウス・ミュージックの偉人にあらためて最大限の敬意を表し、彼が残した美しい音楽をひたすら聴いていたい。

野田努

 (via R.I.P. Frankie Knuckles - 追悼:フランキー・ナックルズ | ele-king)

 ハウス・ミュージックのゴッドファーザー、フランキー・ナックルズが3月31日、かねてから煩っていた糖尿病の合併症ためにシカゴで亡くなった。言うまでもなく、今日僕たちがハウス・ミュージックと呼んでいる音楽を大衆化したのは、1955年1月18日にブロンクスで生まれ、1977年にシカゴの〈ウェアハウス〉というクラブのレジデントになったこのDJである。
 僕たちがハウス・ミュージックによってどれだけの幸福を味わったのかということを、どれだけ救われたのかということを、いまさら思い返すまでもない。フランキー・ナックルズの功績はあまりにも大きく、その損失は計り知れないほど大きい。ベッドルーム・ミュージックを最初に大衆化したのはシカゴ・ハウスだった。ロックンロールだってハウスに救われた時代があった。
 フランキー・ナックルズは、音楽のみならず、ゲイ・カルチャーにも素晴らしい影響を与えている。彼は、ハウス・ミュージックはゲイに自信を与えることができた文化だと胸を張るのことのできたDJだった。
 すべてのクラブ・ミュージック・ファンにとってのクラシックであり、多くの人たちを最高の気分で舞い上がらせた“The Whistle Song”(1991年)をはじめ、ジェイミー・プリンシプルとのセクシャルな“Your Love”や“Baby Wants To Ride”(1987年)、富家哲との“Tears”(1989年)などなど、彼が残した多くのクラシックはこの先もクラブでプレイされ続けるだろう。若いリスナーにも受け継がれ、聴かれ続けるだろう。永遠のダンス・ミュージックとして。
 いまはただただ悲しい。ハウス・ミュージックの偉人にあらためて最大限の敬意を表し、彼が残した美しい音楽をひたすら聴いていたい。

野田努

(via R.I.P. Frankie Knuckles - 追悼:フランキー・ナックルズ | ele-king)

— 2 weeks ago

3RDEYEGIRL - Let’s Go Crazy (Manchester, UK - Feb 22, 2014) (by 3rdEyeGirl)

— 3 weeks ago